モバイルバッテリーをRaspberry Piの簡易UPSにする

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラズパイ無停電電源装置UPS)を接続してバッテリーでも動くようにしたい。 やはりIoT機器の醍醐味は「電源が確保できない野外」である。

  • 昼間はソーラーパネルで充電しつつ動き
  • 夜間はバッテリーで動く
  • 通信はLTEモデムを利用

パソコン用のUPSといえばAPCオムロンCyberPowerであるが、あんなドデカいものをラズパイに繋げたら本末転倒である。

そこでモバイルバッテリーを簡易UPSとして利用できないか試した。

結論[編集 | ソースを編集]

cheeroのダンボーのモバイルバッテリーは簡易UPSとして使えた。

他社のモバイルバッテリーも何種類か試したがどれもダメだった。

ダメだったやつは以下のどれか。

  • 充電と給電を同時に行えない
  • ラズパイが省電力状態になると給電が止まる

cheeroがいいぞ。cheero買っとけ。

各製品の検証結果[編集 | ソースを編集]

そのうち書く。

関連項目[編集 | ソースを編集]