RealityEngine

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

RealityEngineとは、シリコングラフィックスから発売したSGI Crimson及びSGI Onyx向けのビデオカードである。

これを搭載すると「グラフィックスワークステーション」が「グラフィックススーパーコンピューター」にパワーアップすると宣伝された。

RealityEngineはGeometry Engine、Raster Manger、Display Mangerの3つのボードでひとつである。

Geometry Engine[編集 | ソースを編集]

ジオメトリエンジンはジオメトリ変換を行う。移動、回転、拡縮、頂点ライティングを行う。今でいう「バーテックスシェーダー」だな。

Raster Manger[編集 | ソースを編集]

ラスターマネージャーはジオメトリエンジンから受け取ったベクトルデータをラスターデータ(ビットマップ)に変換する。また、Zバッファーテスト、色と透明度のブレンド、テクスチャマッピング、マルチサンプルアンチエイリアシングなどの機能もある。

今でいう「ジオメトリシェーダー」と「ピクセルシェーダー」をセットにしたものだな。

Display Manager[編集 | ソースを編集]

ディスプレイマネージャーはラスターマネージャーから受け取ったデジタルデータをアナログ信号に変換する。当時はアナログ信号のCRTディスプレイだったからね。

関連項目[編集 | ソースを編集]