Service Workerを無効化する

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

HTML5には「Service Worker」という機能がある。

大雑把にいえばWeb Workerの派生物であり、特定のウェブページを開くと「何の確認もなく」「端末にインストールされ」「常にバックグランドで動き続ける」という理解し難い機能だ。

見てのとおりユーザーには何一つ利のない機能なので必ず無効化しましょう。 知らぬ間に端末はどんどん重くなります。 とくにスマホだと端末のバッテリーが勢いよく減るようになります。

動かなくなるサイトがあって困る? 大丈夫。 ServiceWorkersがないと動かないサイトは存在そのものが不要なサイトです。

Firefox[編集 | ソースを編集]

Firefoxは設定でService Workerを無効化できる。

削除[編集 | ソースを編集]

  1. 「about:serviceworkers」を開く
  2. すべてのServiceWorkerを手作業で登録解除する

無効化[編集 | ソースを編集]

  1. 「about:config」を開く
  2. dom.serviceWorkers.enabledをfalse
  3. Firfoxを再起動する(これ重要)

PCのChrome系[編集 | ソースを編集]

PC版のChrome系(Braveなど)は設定でService Workerを無効化できない。 Googleが積極的に推してた機能だからね。

削除[編集 | ソースを編集]

  1. 「chrome://serviceworker-internals」を開く
  2. すべてのServiceWorkerを手作業で登録解除する

無効化[編集 | ソースを編集]

ページ読み込み直後にService Workerの登録関数をオーバーライドすることで強引に無効化する拡張機能が開発されている。

AndroidのChrome[編集 | ソースを編集]

(調査中)

  1. Androidで、「設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」をオンにする
  2. PCのChromeで、「chrome://inspect/#devices」を開く


参考文献[編集 | ソースを編集]