U.3

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

U.3(読み:ゆーすりー)とは、 SNIAが定めた「2.5インチサイズのストレージの接続端子の規格」であり、なんとこの端子ひとつで「U.2」と「SAS」と「SATA」という3種類のディスクに対応できる。

名前からもわかるように「U.2」の後続規格である。

U.2には「SATASASも接続できるオマケ機能」が存在したが、あくまでオマケ機能であり、これらを接続した場合は速度制限されるという代物であった。

一方、U.3ではこの点が改善されており、SATASASのディスクを接続してもそこそこの速度が出るようになったそうだ。

サーバー本体は1端子で3種類に対応しておき、ストレージは予算に応じてU.2SATAなどを選択でき、最高速を求めるならU.2SSD、安価で大容量を求めるならSATAHDDなどといったことができる。

関連項目[編集 | ソースを編集]