VideoLogic Apocalypse 5D Sonic

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

VideoLogic Apocalypse 5D Sonicとは、1997年にVideoLogic発売された PCI接続のビデオカードサウンドカードを一体化した製品である。

概要[編集 | ソースを編集]

2D[編集 | ソースを編集]

アナログ時代はチップが同じでもカードごとに画質に大きな差があり、この製品の画質は当時としては最高クラスのものであった。 ただ性能は他のTseng ET6100カードより遥かに遅い。なぜかは知らん。

3D[編集 | ソースを編集]

PowerVRの先駆者であり別途2Dビデオカードが必要だったPC 3Dエンジンと異なり、1枚のカードに2Dと3Dが混載しているのでケーブルが不要。 ケーブルは不要であるが、2Dと3Dはボード内では繋がってはおらず、PCIバス経由でデータがやりとりされる。 このためPCIバスの速度(チップセットの性能)で性能が大きく変化する。

サウンド[編集 | ソースを編集]

64ボイスのウェーブテーブルシンセとエフェクトプロセッサーを内蔵している。 SoundBlaster ProOPL3規格に対応している。 ハードウェアアクセラレーションに対応しているためCPUの負荷が大幅に低下する。

ボード上にピンヘッダーが搭載されておりD-Sub15ピンに変換するケーブルなどを自作すればジョイスティックMIDIキーボードなどを接続できる。

関連項目[編集 | ソースを編集]