アイバン・エドワード・サザランド

提供: MonoBook
移動: 案内検索

アイバン・エドワード・サザランド英語:Ivan Edward Sutherland)とは、コンピューターグラフィックスの世界における神、いわゆるゴッドである。

概要[編集]

1963年にサザランドが発表した「Sketchpad」は、コンピューターグラフィックスの始まりであり、ペイントソフトの始まりであり、タッチパネルの始まりであり、GUIの始まりであるとされる。

経歴[編集]

1938年[編集]

米国ネブラスカ州ヘースティングスにて生を受ける。

1959年[編集]

カーネギー工科大学(現在のカーネギーメロン大学)で電子工学の学士号を取得した後、マサチューセッツ工科大学の大学院に進む。

1960年[編集]

カリフォルニア工科大学の修士号を取得した後、マサチューセッツ工科大学大学院リンカーン研究所に入りコンピューターが計算以外の用途にも使えることを実証したクロード・シャノンの下で指導を受ける。

1963年[編集]

MIT Sketchpad, CA. 1965

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者となっていたサザランドが博士論文の一環として「Sketchpad」というコンピューターを開発する(今でいう自作PCである)。なお、このときの指導教官はクロード・エルウッド・シャノンだという。

このSketchpadは、ディスプレイ装置に画像を映し出した世界最初のコンピューターグラフィックスであり、線分や円を描くことのできる世界最初のペイントソフトCAD)であり、コンピューターの操作を画面上で対話的に行う世界最初のGUIであり、その操作に用いる入力装置は世界最初のペンタブレットであるとされる。

また、いまなおiPadなどの名称の一部として使われる「パッド」の名称が誕生した瞬間でもある。

この発明によりコンピューターの世界に突然変異が起きはじめる。

1964年~[編集]

米国国防総省高等研究計画局DARPA)情報処理技術研究部門の部長に就任。

1965年~[編集]

ハーバード大学で電気工学の準教授に就任。

1967年[編集]

ダニー・コーエンとともにフライトシミュレーターを開発していたところ、その途中で線分クリッピングの画期的なアルゴリズムであるコーエン・サザランド・アルゴリズムを開発してしまう。

[1]

1968年[編集]

ボブ・スプロールとともに世界最初のバーチャルリアリティ(Virtual Reality, VR)と拡張現実(Augmented Reality, AR)を実現したヘッドマウントディスプレイ (HMD)を開発してしまう。このシステムは「The Sword of Damocles」と名付けられた。

1968年~[編集]

ユタ大学の教授に就任。後継者の育成に励み、後にCG界のスーパースターとなる人物を次々と誕生させる。

主な教え子

1968年[編集]

デービッド・C・エバンスとともにエバンスサザランド社(Evans and Sutherland Computer Corporation、NASDAQ:ESCC)を設立し副社長に就任。エバンスサザランド社は後のCG関連企業の重鎮となる人物を次々と誕生させた。なお、ほとんどがユタ大学時代の教え子でもある。

主な従業員

また同社は1993年にナムコから発売されたアーケードゲーム基板である「SYSTEM22」の設計を行ったことでも知られている。いわゆるリッジレーサーである。

1974年~[編集]

カリフォルニア工科大学の教授に就任。

2009年~[編集]

ポートランド州立大学の客員研究員に就任。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. Principles of Interactive Computer Graphics p.124 and p.252, by Bob Sproull and William M. Newman, 1973, McGraw–Hill Education, International edition, ISBN 0-07-085535-8