MonoGame

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MonoGame(読み:ものげーむ)とは、Monoプロジェクトが開発しているXNA互換のゲーム開発用フレームワークである。

概要[編集]

XNAは実質的にXbox 360向けのゲーム開発用フレームワークであったがXbox Oneの登場とともに死んだ。 そしてMonoGameが生まれた。

その名の通り本来はゲームに使うものであるが、ゲーム以外の3Dを扱うアプリでも機種依存の激しいAndroidのなかでも特に機種依存の激しいパーツであるGPU周りを整流するミドルウェアとしても非常に有望である。

マジオススメ[編集]

本家XNAWindowsXbox 360が対象であったが、MonoGameではMac OS XiOSAndroidといった最新鋭の環境に対応している。

iOSAndroidは一般的なアプリ開発でもシミュレータや実機転送が遅すぎてデバッグ時にイライラ全開だが、MonoGameはMacにも対応しておりデバッグ実行が一瞬で行えるMonoMac向けにスマホ風の解像度でサクッと開発し、最終的にiOSAndroid向けに微調整という手法を用いることができる。

この場合はソリューションを以下のようなプロジェクト構成にして、各プラットフォームからCoreプロジェクトを呼ぶようにすると良い。

  • Core - MonoGame PCLプロジェクト(Gameクラスなどの実際のコード)
  • Mac - MonoGame MonoMacプロジェクト(エントリポイントとコンテンツだけ)
  • Android - MonoGame MonoMacプロジェクト(エントリポイントとコンテンツだけ)

なお、MonoMacでは実行速度が爆速であるためスマホ実機ではフレームレートが出ない現象には注意が必要である。定期的にスマホ実機で動作検証することをオススメする。

関連項目[編集]

以下に細かいネタを集めてある。

参考文献[編集]