ターゲットディスクモード

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ターゲットディスクモード英語:target disk mode)とは、キーボードの「Tキー」を押しながらMacの電源を入れると、MacFireWireThunderboltで接続する外付けHDDに変身するという機能のことである。主にMacがぶっ壊れて電源は入るがOSが起動しない際にデータの救出のために使用する。

対応機種[編集]

以下のモデルは、ターゲットコンピュータとして利用できます。 Appleの公式サイトではFireWire限定のように書かれているがThunderboltでも使える。 [1]

  • Firmware バージョン 2.4 またはそれ以降がインストールされた iMac (Slot Loading)
  • iMac (Summer 2000) および 2000 年 7 月以降に発売されたすべての機種
  • eMac (すべての機種)
  • Mac mini (すべての機種)
  • ATA ドライブ内蔵 Power Mac G4 (AGP Graphics)
  • Power Mac G4 Cube
  • Power Mac G4 (Gigabit Ethernet) および 2000 年 7 月以降に発売されたすべての機種
  • Power Mac G5 (すべての機種)
  • Mac Pro (すべての機種)
  • iBook (FireWire) および 2000 年 9 月以降に発売されたすべての機種
  • PowerBook G3 (FireWire)
  • PowerBook G4 (すべての機種)
  • MacBook Pro (全モデル)
  • 2008 年 10 月より前にリリースされた MacBook モデル

関連項目[編集]

参考文献[編集]