ディープカラー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ディープカラー英語:deep color)とは、コンピューターグラフィックスにおいて各色8ビットを超える色表現のことである。

概要[編集]

ディープカラーは従来のトゥルーカラー(1677万7216色)のように明確な規定はないが、一般的には各色10ビットや12ビットのRGBであることが多い。 最近では12ビットの整数どころか16ビットの半精度浮動小数点に対応したものも登場している。

業務用ビデオカメラや一眼レフのRAW画像はほとんどディープカラーとなっている。 当然ながらこれらを「まともに」編集するにはディープカラー対応の液晶ソフトウェアなどが必要となる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]