リボ一括

提供: MonoBook
移動: 案内検索

リボ一括とは、リボ払いにおいて最初の返済月に全額返済することをいう。

概要[編集]

リボ一括とはリボ払いにおける毎月の最小返済額(いわゆるミニマムペイメント)を限度額と同額に設定することで、通常のクレジットカードのように「実質1回払い」となる返済方法のことである。主にリボ払い専用クレジットカードを通常のクレジットカード風に利用したい場合に用いられる手法である。

利点[編集]

ポイント還元率が高い[編集]

一般的にリボ払いは通常のクレジットよりもポイント還元率が2〜3倍ほど高く、また提携店舗の利用や特定日の利用はさらに2倍になるなどの制度を導入していることが多い。これらのイベントが重なると時には10倍近い差になることもある。

初月は金利が無料[編集]

リボ払いであっても最初の返済月までは金利手数料が無料であることが多い。 携帯電話の分割払いではないが「実質0円」である。 つまりリボ一括であれば通常のクレジットカードの1回払いと何ら変わらない。

なお、一部のクレジットカードでは最初の返済月から金利がかかるものもあるので注意が必要である。 ただこのようなクレジットカードであっても前述の高いポイント還元率が1ヶ月分の金利を上回っているのが一般的であるため、それを考慮するとトータルではプラスになる。

年会費が無料もしくは割引[編集]

ゴールドカード以上のクレジットカードでは年会費が発生するのが一般的である。 しかしそのようなクレジットカードであってもリボ払いを1回でも利用すると年会費が無料や半額になるものが多い。 そのためリボ一括でこの条件をクリアすれば金利手数料もかからずに割引を受けられることになる。

リボ一括は他のどの利点よりも「年会費を無料にする裏技」として広まったところが大きく、そのような裏技を使うものが多かったのか、各社ともに年会費無料から年会費半額にサービス内容を改定しているところが多い。

欠点[編集]

手続きが面倒[編集]

一般的にクレジットカードを契約した直後の初期状態においては、リボ払いの最小返済額(いわゆるミニマムペイメント)は下限ぎりぎりの月額3000〜5000円程度に設定されていることが多い。この値を設定変更するには店頭や書面で手続きを行う必要がある。

クレジットカード会社にとっては最小返済額は少しでも低い金額に設定されていた方が儲かるため、そう簡単には変更できないよう、面倒な手続きを経由するようになっている。ましてやリボ一括のような裏技を使うような奴は客としては最悪であると言える。

その他[編集]

おしえてあげないよ

おすすめカード[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]