仮想マシン

提供: MonoBook
移動: 案内検索

仮想マシン(読み:かそうましん、英語:virtual machine、略称:vm)とは、エミュレーターそのもの、またはエミュレーター上で再現される(動く)仮想のハードウェアのことである。 さらに仮想マシンという言葉はプログラミングの世界を中心にインタプリタを指して「実在しない架空のハードウェア」という意味で使われることもある。

概要[編集]

ここで行われていることに新規性は殆どない。 人々は初代VAXの時代からエミュレーターを走らせてきた。

エミュレーターにおける仮想マシン[編集]

エミュレーターおよび仮想マシンは1970年代から業務用のコンピューターの世界ではハイパーバイザーなどと呼ばれ一般的な技術であった。 21世紀を境にVMwareXen Serverなどが次々と登場し、急激な低価格が進んだことで一般人にも広く知れ渡り、個人でも手軽に試せるようになったため大流行している。

プログラミングにおける仮想マシン[編集]

インタプリタリネーム商法である。

本来は「実在しない架空のハードウェア」であるが、ARMによるJazelleARM9以降に統合されている)などのようにJava仮想マシンハードウェアで実装してしまった製品も存在する。ちなみにJazelleは2001年頃から低スペックなガラケーで快適なアプリ実行環境(iアプリなど)を提供する目的で広く使われいた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]