射影変換

提供: MonoBook
移動: 案内検索

射影変換とは、主にコンピューターグラフィックスで使われる用語でカメラ座標からスクリーン座標に変換することをいう。

概要[編集]

コンピューターグラフィックスでは「3D」という言葉をよく耳にするが、そのほとんどは最終的に平面的なパソコンディスプレイテレビに映し出される。つまり実際は「2D」である。このコンピューター内部の3D表現を最終的な出力表示用の2D表現に変換する処理を射影変換という。ちなみに立体視ディスプレイなどの技術者たちは射影変換を伴うものは「3Dのパチモノ」であるとして「2.5D」と呼ぶことが多い。

また、3Dのみならず2Dの写真やスキャナで取り込んだ画像などの歪み補正する処理も射影変換の一種である。

主な射影変換[編集]

射影変換とひとことでいっても様々な方法がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]