頂点バッファ

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

頂点バッファ英語:vertex buffer)とは、主に3DCGで使われる用語で、頂点配列を意味する。基本は3つの頂点による三角形、いわゆるポリゴンである。

たとえば四角形を表すには2個の三角形(計6個の頂点)を用いる。

Vertex.png

上記の例では頂点にはXYZ座標しか持っていないように見えるが、MonoGameなどではXYZ座標の他に頂点カラーやテクスチャ座標法線などの様々なデータを保持している。それらが何千、何万と集まると結構なデータサイズになるため、無駄を省く手段として「インデックスバッファ」という手法が用いられることも多い。

頂点バッファはGPUに直結するVRAMに確保すると非常に高速に処理される。最近では1フレームごとに転送するのではなく、起動時一発メインメモリからVRAMに転送したら、あとはバーテックスシェーダーで何でもかんでもやるという技法がよく使われているようだ。

関連項目[編集 | ソースを編集]