cdto

提供: MonoBook
移動: 案内検索

cdto(読み:しーでぃーとぅ)とは、Mac OS XFinderツールバーに「現在開いているカレントディレクトリターミナルで開くボタン」を追加して圧倒的利便性を実現するツールである。

Google Project Hosting上においてオープンソース開発が行われており、ライセンスMITライセンスとなっている。

概要[編集]

名称からも分かるようにターミナルを開いてFinderで開いているカレントディレクトリcdしてくれるというものである。

生粋のマカーの間には、データアプリから開くものであり、データ(ファイル)からアプリを選んで開くなどあり得ない、そもそもファイルフォルダの概念など不要、拡張子などクソ概念であるという古くからの信仰がある。

一方で、*BSDLinuxWindowsに慣れているユーザーはデータを起点に作業開始するという真逆のスタイルであることが多く、ターミナルエミュレータエクスプローラーを多様することが一般的である。

つまり他のOSに慣れ親しんだ新参のMacユーザーには苦痛以外の何ものでもない。それを少し改善してくれるのがcdtoである。

この手のツールは古くからあるが、Finderの内部仕様は外観以上にMac OS Xのバージョンアップのたびにコロコロ変わっており、たとえばLionMountain Lionに対応しきれないツール類も多い。そんななか、cdtoは需要が多いこともあってオープンソースの利点を生かして常に誰かが手直ししてくれているという。

インストール[編集]

  1. cdtoをダウンロードする[1]
  2. zipファイルを展開する
  3. 展開したフォルダ内にあるcdtoアプリをアプリケーションフォルダに移動させる
  4. アプリケーションフォルダ内のcdtoアプリをFinderツールバードラッグアンドドロップする
  5. 以上

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]