Fluent NHibernate/オートマッピング

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Fluent NHibernateにはオートマッピング(auto mappings)という、プログラマが書いたエンティティ(クラス)から自動的にリレーショナルデータベース上にテーブルなどを生成する機能がある。

使用例[編集]

まず、以下のようなエンティティクラスを記述する。

public class Product
{
    public virtual int Id { get; set; }
    public virtual string Name { get; set; }
    public virtual decimal Price { get; set; }
}
 
public class Shelf
{
    public virtual int Id { get;  set; }
    public virtual IList<Product> Products { get; set; }
 
    public Shelf()
    {
        Products = new List<Product>();
    }
}

Fluent NHibernateの接続設定の中にオートマッピングに関する記述をし、プログラムを実行すると、データベースへの初回接続時にクラスに対応するテーブルなどを自動生成しようと試みる。何かしらの理由で生成に失敗した場合は例外が発生する。

using FluentNHibernate;
using FluentNHibernate.Cfg;
using FluentNHibernate.Cfg.Db;
using FluentNHibernate.Automapping;
using NHibernate;
using NHibernate.Tool.hbm2ddl;
 
public class SampleApp
{
    public void Main(string[] args)
    {
        // MySQLの場合
        var fnConfig = Fluently.Configure()
            .Database(/* 接続設定 */)
            .Mappings(map => 
                map.AutoMappings.Add(AutoMap.AssemblyOf<Product>()) // これがオートマッピングの指定。Productクラスと愉快な仲間たちが自動的マッピングされる。
            )
            ;
        var factory = fnConfig.BuildSessionFactory();
    }

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]