MvvmCross

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MvvmCrossとは、.NET FramewrokおよびMono(各種Xamarin)で利用できるMVVMフレームワークである。

概要[編集]

MVVMといえば古くからWPFSilverlightが存在したが、これら実質的にWindowsという単一プラットフォームでしか利用できなく、デバッグが楽だね、でもソースコードの記述量が増えた分で相殺されて無意味ではないか、などと言われてきた。このように初登場のしかたが悪かったために不遇な扱いを受けてきたMVVMであるが、Xamarin.iOSXamarin.Androidなどの登場でやっとマルチプラットフォームという利点を活かせる土壌が整い、様々なMVVMフレームワークが登場している。その中のひとつがMvvmCrossである。

MVVMおさらい[編集]

モデル[編集]

いわゆるビジネスロジックと呼ばれるものを記述する層である。設計が破綻しているプロジェクトでは単なるデータベースの定義となっている事が多いが、本来であれば机上の空論的に本質的な部分はすべてここに記載され、本質的なデバッグはここだけで完結する。

今ではスタンドアローンなどという考え方は死滅した御時世であり、クラウドオンプレミスを問わずモデル層の99%はサーバーサイドで実装され、.NET FrameworkであればWCFASP.NET Web APIなどの領域であると言える。スマホアプリなどの極小規模なものであればSQLiteなどを用いてローカルにモデル層を保持することもある。

ビューモデル[編集]

ビューモデルとは仮想化されたビューである。架空のビューを作り各種操作が行われたときの動作を記述する。GUIなどの要素がない架空のものであるため、マウスカーソルやボタンを座標などを考える必要がなく「ボタンを押した際の動作」などのデバッグが簡単に行える。

ビュー[編集]

ビューとはビューモデルに装飾して実際のUIを貼付ける部分をいう。

コントローラー[編集]

あまり考える必要はない。

使い方[編集]

Mac[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]