Optionキー

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Optionキーとは、Macなどのアップル製品のキーボードに搭載されているキーの一種である。

概要[編集]

PC/AT機でいうAltキーUNIX機でいうMetaキーに相当するキーである。

emacsではCtrlキーに次いで2番目に重要なキーである。


Mac邪悪なBSDであるため初期状態ではUNIXとして使用した場合でもMetaキーとしては機能しない。 このためMetaキーを多用するemacsが捗らない。 これを解決する設定は、Mac OS X v10.6 Snow Leopardまではシステム環境設定のキーボードの項目に設定があったが、Mac OS X v10.7 Lion以降はシステム全体としての設定がなくなり、ターミナル(というアプリ)の環境設定となった。Mac OS X v10.7 Lion以降ではターミナルの環境設定を開き「メタキーとしてoptionキーを使用」にチェックを入れることで有効になる。

このスクリーンショットはMac OS X v10.9 Mavericksのものです。

現代MacおよびMac OS Xの前身であるNeXTキーボードでは、Macと同様に独自キーは「Commandキー」であるが、Optionキーに相当するものはAltキー(Alternateと書かれている)となっている。

関連項目[編集]

ほぼ同一キー
その他のアップル独自キー

参考文献[編集]