X Window System

提供: MonoBook
移動: 案内検索

X Window Systemとは、OSを問わないウインドウシステムを開発するための仕様である。

概要[編集]

X Window Systemとは、主に*BSDLinuxで使われるX.orgなどの根底にある仕様のことである。X Window Systemの仕様はOSに依存しないように配慮されており、Windowsなどでも動かす事ができる。

その中身はオブジェクト指向である。仕様書オブジェクト指向である。この文書の初版が書かれたとき、ちょうどプログラミングの世界でオブジェクト指向が流行していたため、仕様書までオブジェクト指向で書いてしまったという。同様の事例として医用画像においてデファクトスタンダードとなっているDICOMという仕様が有名である。とてもヒトが読むには不適切な文書である。

主なバージョン[編集]

  • X10 - このバージョンから急激に実装と採用事例が増える。
  • X11 - 20世紀末のLinuxブームと重なった。

主な実装[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]