コバルト・ネットワークス

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

コバルト・ネットワークス英語:Cobalt Networks)とは、かつて存在したコンピューターメーカーである。

概要[編集 | ソースを編集]

買ってきて電源を入れてIPアドレスを設定するだけでウェブサーバーが完成する「Cobalt Qube」や「Cobalt RaQ」などのアプライアンスサーバーで一斉を風靡した。大雑把にいえば「LAMP」みたいなウェブサーバー家電量販店で売っているバッファローIOデータの家庭用NASのようなハードウェアとして販売していたものである。ちなみに末期にはNAS製品も発売していた。

日本でもITバブルドットコムバブル)の波に乗って、ウェブサーバーを構築する技術はないがITバブルに乗り遅れまいとする経営者に飛ぶように売れた。

歴史[編集 | ソースを編集]

1996年にVivek MehraによってCobalt Microserverとして設立された。

1998年6月、名称をCobalt Networks, Inc.に変更した。

2000年にサン・マイクロシステムズに買収された。

2003年12月にサンはCobalt製品ラインを閉鎖した。

主な製品[編集 | ソースを編集]

製品 発売日
Cobalt Qube 1998年03月
Cobalt Cache 1998年07月
Cobalt RaQ 1998年09月
Cobalt NAS 1999年04月
Cobalt Management Console 1999年10月

関連項目[編集 | ソースを編集]