ノートパソコン

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

ノートパソコンとは、液晶キーボードが一体化した折りたたみ式のパソコンである。

液晶キーボードが分離するやつは「タブレットキーボード」に分類されることが多い。

ちなみに「ノートパソコン」は和製英語であり海外では通じない。そもそも「パソコン」という言葉自体が和製英語である。英語圏では「ラップトップ」という呼称が一般的である。

表向きは「持ち運びできるパソコン」という触れ込みであるが、ゲーミングノートパソコンなどの上位モデルなどはどう考えても持ち運べる代物ではない。

クソなノートパソコンにありがちなこと[編集 | ソースを編集]

液晶[編集 | ソースを編集]

液晶カタログスペックに現れにくいため「解像度」だけに注力したクソみたいなパネルを採用していることが多い。いわゆる「目潰し液晶」だ。デスクトップパソコンと異なりノートパソコンは液晶を簡単に交換できない。ここだけは妥協するな。視力はプライスレスだ。

右シフトキーの位置[編集 | ソースを編集]

矢印キーと右シフトキーがこのような位置関係になっているキーボードは絶対に買ってはいけない。タッチタイピングだと高確率で上キーを押してしまいストレスが貯まる。

右シフトキーが糞な例

テンキー付き[編集 | ソースを編集]

テンキーが付いているノートパソコン」は一律でクソである。ノートパソコンではキーボードと液晶が固定位置であるため、テンキーがあることにより身体が画面に対して左寄りになるためである。テンキーが必要な場合はUSBで繋げるべきである。持ち運んでテンキー使うような用途などない。

前述のクソな要素よりは重要度は低い。

関連項目[編集 | ソースを編集]