目潰し液晶

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

目潰し液晶とは、主に安物PCに採用されているギラツキのある液晶のことである。

概要[編集 | ソースを編集]

安いPCだとスペック表には解像度しか書かれていないことが多い。 解像度は以外の項目は一般人にはチンプンカンプンな文字列である。 つまり数字では表せないのである。

一般的にメーカーは数字にならない部分から性能を削りコストカットをする。 パソコンでいえば液晶キーボードなどである。 社畜PCなどのように「低コスト」だけを追求した製品は本当にヤバイことになっている。

液晶はパソコンを使ううえで常に「見続けるもの」である。ここが低品質な目潰し液晶は利用者の視力を著しく低下させるという人体に取り返しのつかないダメージを与える。最悪の場合は「失明」にいたり身体障害者となってしまう。

液晶は店頭でじっくり体感してから買うことをオススメする。 迷うようだったら液晶付きのMacでも買っとけ(素人にMac miniはオススメできない)。 それでも迷うようなら「DisplayHDR 600」と書かれた液晶を買え。

原因[編集 | ソースを編集]

ギラツキの原因は、バックライトの制御や特性、液晶パネルの開口率、液晶パネルの表面処理など様々な要因がある。

「グレア」と「ノングレア」の2つの表面処理だけを取り上げる者も多いが、実際にはグレアであっても高品質な液晶もあれば、ノングレアであっても低品質な液晶もある。

さらにLEDバックライトが勢いよくパネルを突き抜け目に刺さる製品もある。

最終的な目潰し率はこれらの要素の掛け算である。

関連項目[編集 | ソースを編集]