メインメモリ

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

メインメモリとは、コンピュータープログラムデータを一時的に保存するための部品のことを指します。「RAM」と呼ばれることが多い。

CPUから直接アクセスされるため高速にデータを読み書きすることができます。一方で、電源が切れると、メインメモリ上のデータはすべて消えてしまうため、長期的にデータを保存するにはハードディスクフラッシュメモリなどの外部ストレージを用いる必要があります。

例えば、パソコンスマートフォンなどでプログラムを実行したり、データを処理したりするとき、そのプログラムデータは、まずメインメモリに保存されます。そして、コンピューターがそのプログラムデータを読み込んで処理します。

メインメモリの容量[編集 | ソースを編集]

一般的にメインメモリの容量が大きいほど、同時に複数のプログラムを実行したり、複雑な処理を行うことができるようになります。また、高速なデータのやり取りが可能になるため、コンピューターの処理速度が向上することもあります。