ALVEO U50

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

ALVEO U50とは、2019年8月7日にザイリンクスから発売した汎用アクセラレーターカード(FPGA)である。

概要[編集 | ソースを編集]

パソコンPCサーバーPCI Expresssスロットに接続して使う「FPGA」である。

ALVEO U50の大きさはハーフハイトロープロファイル)でシングルスロットなので搭載できるラックマウントサーバーの選択肢が非常に広い。FPGAビデオカードは「フルハイトかつ2スロット専有」という多い中、比較的手軽に扱えるのが特徴。

ザイリンクスによるとGPUGPGPUするより7倍から25倍くらいワッパが高いらしい。

主なスペック[編集 | ソースを編集]

FPGA UltraScale+
メモリ 8GB、HBM2、460GB/秒
接続 PCI Express Gen3

PCI Express Gen4 CCIX

通信 QSFPポート、最大100Gビット/秒
消費電力 75W

Alveo U50は、UltraScale+アーキテクチャのFPGAを搭載したロープロファイルアクセラレーターで、PCIe Gen4をサポートしている。U50には8Gバイトの広帯域幅メモリ(HBM2)を集積しており、460Gビット/秒のデータ転送を実現した。HBM2の採用などにより、演算性能を犠牲にすることなく、形状はハイパワー製品に比べて8分の1に小型化することができたという。

また、QSFPポートにより、最大100Gビット/秒のネットワーク接続が可能である。 さらに、PCIe Gen4/Gen3とCCIXインターコネクトをサポートしている。高速ネットワークI/Oは、「NVMe-oF」にも対応している。

消費電力は75W以下である。

関連製品[編集 | ソースを編集]

  • ALVEO U50
  • ALVEO U200
  • ALVEO U250
  • ALVEO U280

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • FPGA