ARM

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

ARM(読み:あーむ、語源:Acorn RISC Machine、Advanced RISC Machine)とは、英国エイコーン・コンピューターが開発したCPUシリーズの総称である。エイコーン本体は滅亡したが、その直前にCPU事業部を別会社化し、現在はARMホールディングスとして継続している。

インテルx86OracleSPARCなどと似たような意味合いである。

名称について[編集 | ソースを編集]

  • Acorn RISC Machine
    「エイコーン製のRISCなマシン」というひねりの無い名称で始まる。
  • Advanced RISC Machine
    エイコーンが経営危機に陥り、アップルから資本注入を受け、その際にエイコーンの名前が消える。アップルの出資比率が100%ではなかったためApple RISC Machineだけは回避された。
  • ARM
    RISC」の英語の発音が危険を意味する「RISK」と同じであり、印象が悪いので正式名称を省略形のみとした。

詳細[編集 | ソースを編集]

ARMという言葉が指しているものは時と場合により異なり、製品なのか、企業なのか、などは文脈から読み取る必要がある。

ARMは単なるCPUではなくBBC Masterというパソコンワンチップ化したものである。つまり「半導体サイズのパソコン」とも呼ぶべき製品であり、一般的には「CPU」ではなく「SoC」という呼ばれ方をすることが多い。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]