AVX

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

AVXとは、IntelCPUコードネームSandy Bridge」から搭載された拡張命令セットである。 AMDCPUでは「Bulldozer」以降で対応する。

概要[編集 | ソースを編集]

AVXはMMXおよびSSEを拡張したもので、大雑把にいえばSSEのレジスター長を128ビットから256ビットにしたものである。

また、命令セットも拡張されており、SSEまでは基本的に2オペランド命令がであったが、AVXからはより複雑な演算を一発で行える3オペランド命令4オペランド命令が追加されている。

有無判定[編集 | ソースを編集]

  • EAXレジスターに1を代入する
  • CPUID命令を実行する
  • ECXレジスターに格納されたデータの28ビット目が1であれば「AVXに対応する」。

関連項目[編集 | ソースを編集]