CHIP-8

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

CHIP-8とは、1970年代にJoseph Weisbeckerによって開発されたインタプリター型のプログラミング言語である。

CHIP-8のインタプリターはかなり実PCに近い仮想マシンであった。このためエミュレーターの実装入門として非常に人気があり、1970年代から現在に至るまで、あらゆるコンピューターに、あらゆるプログラミング言語を用いて移植されている。

仮想マシンの概要[編集 | ソースを編集]

メモリ[編集 | ソースを編集]

メモリは全体で4096バイト。 これはCHIP-8が最初に実装されたCosmac VIPTelmac 1800メインメモリが4KBだからだそうだ。

  • 0x000-0x1FF (512バイト): CHIP-8のシステム領域
  • 0xEA0-0xEFF ( 96バイト): コールスタック、内部使用、その他の変数用に予約
  • 0xF00-0xFFF (256バイト): ディスプレイのリフレッシュ用に予約

レジスタ[編集 | ソースを編集]

「V0〜VF」という名前の16個の8ビットのデータレジスタがある。 VFレジスタは一部の命令のフラグとしても機能する。

「I」という名前のインデックスレジスタもあり、こちらは16ビットである。 Iレジスタは、メモリ操作を伴ういくつかのオペコードでメモリアドレスを格納するのに使用される。

スタック[編集 | ソースを編集]

CHIP-8には2つのタイマーがある。

どちらも1バイトの変数であり、値を入れると0に達するまで60Hzの速度でカウントダウンする。たとえば2秒間ビープ音を鳴らすにはstに120をセットする。

入力[編集 | ソースを編集]

「0〜F」までの16個のキーを持つキーボードが想定されている。

グラフィックス[編集 | ソースを編集]

解像度は64×32 ピクセル、色はモノクロ。