CentOS 7/PostgreSQLをインストールする

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

手順[編集 | ソースを編集]

インストールする[編集 | ソースを編集]

yumから入れる。PostgreSQLサーバーとPostgreSQLクライアント(psql)が別パッケージになってるので注意すること。

$ yum install postgresql-server postgresql

なお、JDBCドライバーもyumにあるが、これを入れると同時にOpenJDKもインストールされる。OracleJDKを使いたい場合は下記を参考にして欲しい。色々注意点もある。

データベースを初期化する[編集 | ソースを編集]

$ postgresql-setup initdb

必要に応じて設定を編集する[編集 | ソースを編集]

たとえばCentOS7のyum版は初期状態でUNIXソケットでのみ待受になっている。 BSDソケットTCP/IP)で待ち受けたい場合は以下を編集する。

$ vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

個人的にはDBの認証周りは接続処理がかなり遅くなるので全開放して、別途ファイアウォールセキュリティを確保するのがオススメ。

$ vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
local   all             all                                     trust
host    all             all             127.0.0.1/32            trust
host    all             all             ::1/128                 trust

自動起動を設定する[編集 | ソースを編集]

$ systemctl enable postgresql

手動で起動してみる[編集 | ソースを編集]

$ systemctl start postgresql

起動しているのを確認する[編集 | ソースを編集]

$ systemctl status postgresql

IPv6を無効にしてたりすると警告が出たりするが気にしない。

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]