Metal Shading Language

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Metal Shading Languageとは、Metalで利用するプログラマブルシェーダーを記述するためのプログラミング言語である。

概要[編集 | ソースを編集]

C++に似ているが完全に別言語である。

ソースコードの拡張子は「.metal」であり、それをビルドしたバイナリの拡張子は「.metallib」となっている。

MetalのMSLは事前コンパイルを採用している。アップルによるとMetalが登場するまで使われていたOpenGLOpenGL ESGLSLでは実行時コンパイルを採用していたが、iPhoneのような環境で実行時コンパイルはあまりにも重すぎるため事前コンパイル方式を採用したとしている。

最小限[編集 | ソースを編集]

fragment half4 frag(VertexOut input [[stage_in]], constant Uniforms &uniforms [[buufer(0)]]) {
    return half4(1.0);
}

「このメソッドは何シェーダーなのか」はメソッドの頭に「vertex」「fragment」「kernel」などと付けて宣言する。GLSLの何シェーダーなのか意味不明すぎる「void main()」より圧倒的にわかりやすいな。

引数名の後ろには「どこから来た」「なにに使う」かなどを指定するセマンティクスが付く。 HLSLと似ているな。ただ「中括弧が2個ワンセット」とかLISPほどではないがカッコがうぜぇ。

定数バッファユニフォーム変数)は引数として参照渡しされている。 ここはちょっと独特だな。

戻り値HLSLと同じく「return」だ。 GLSLの意味不明な「gl_FragColor」だ「gl_FragData」だより遥かにわかりやすいな。

Xamarinからの利用[編集 | ソースを編集]

「メインバンドル(アプリに含まれるリソース)に含まれるmetallib」はCreateDefaultLibraryメソッドで手軽に読み込める。とくに難しく考える必要性はない。

var library = _device.CreateDefaultLibrary();

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]