HLSL

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

High Level Shading Language(読み:はいれべるしぇーでぃんぐらんげーじ、通称: HLSL)とは、マイクロソフトによってDirect3D (DirectX)向けに開発されたプログラマブルシェーダーのためのシェーディング言語である。

概要[編集 | ソースを編集]

HLSLは大雑把にいえばシェーダー特化型の汎用的なプログラミング言語である。 アセンブラみたいな言語とGPUメーカー独自の言語しかない状況で颯爽と登場した高級言語である。

HLSLは環境依存が非常に低い言語であるためDirectX以外にもMonoGamePlayStationサブセットPSSL)などにも採用されている。 Unityに至ってはOpenGL向けの実装であってもGLSLではなくHLSLの利用が推奨されている。

扱えるパイプラインステージ[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

参考文献[編集 | ソースを編集]