Cg言語

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Cg言語(C for Graphics)とは、NVIDIAが開発していたプログラマブルシェーダーの記述に特化したプログラミング言語である。

基本的な構文はC言語に似ているが別物である。

「NVIDIA製ではAMDIntelなどが宗教上の理由で使えない」という問題を解決すべく、第三者であるマイクロソフトがCg言語に組込型の名称を変更したりと微修正を加えたものを「HLSL」として発表した。

Unityは今でもCg言語を採用している。