Mini PCI Express

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

mini PCI Expressとは、主にノートPCマザーボードに搭載されている拡張端子である。

概要[編集 | ソースを編集]

ノートPCを想定しているため端子形状はデスクトップPC向けのPCI Express x1の半分程度と非常に小さい。非常に紛らわしいことに「mSATAと同じ端子形状」「mSATAと異なる信号線」となっている。悪いのは後からできてきたmSATAである。

信号線はPCI Express x1とUSB2.0の2種類が走っている。

主にノートPCにおいてWiFiBluetoothのモジュールを搭載するのに利用されている。 公式オンラインショップなどのCTOでアンテナ数の違うWIFIモジュールを選べたりするのはこれを利用している。古くはネットブックなどのSSDにも利用されていた。

現在はPCI Express x2やx4に対応した後続規格の「M.2」が主流となっている。