NVIDIA Hopper

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

NVIDIA Hopperとは、2022年9月にNVIDIAが発表したGPUのマイクロアーキテクチャです。

一般向けの「NVIDIA Ada Lovelace」と兄弟チップであり「人工知能に特化させた亜種」です。

概要[編集 | ソースを編集]

Hopperは人工知能に特化した仕様で、人工知能で多様される行列演算以外の回路をバッサリ削除し(互換性のために少し残し)、人工知能で求められる大容量メモリのために最大80GBのHBM3およびHBM2eをサポートしています。また、共有メモリ周りが強化されているそうで、フェンスの待ち時間とフラッシュの処理時間が大幅に短縮されているようです。

どこぞのストリーマーが「H100でゲームやってみた」という配信をしていましたが結果は「まともに遊べない」というものでした。

主な仕様[編集 | ソースを編集]

  • TSMC 4Nプロセスで製造
  • PCIeではなくSXM5で接続

関連項目[編集 | ソースを編集]