PocketMine-MPでMinecraftサーバーを建てる

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

WindowsLinuxの情報は豊富にあるのでググれ

FreeBSD[編集 | ソースを編集]

ビルドに必要なパッケージを入れる[編集 | ソースを編集]

  • bash
  • gmake
  • automake
  • autoconf
  • libtools
  • gcc

実行に必要なPHPなどは不要。 これ以降に記載するPocketMine-MPビルドスクリプトにおいて、PMMP特化型のチューニングを行った専用PHPなどをローカルに生成することになる。

PocketMine-MPをダウンロードする[編集 | ソースを編集]

(以下のどちらか)

スクリプト関連のダウンロードが終わった時点でエラーで止まるはず。

compile.shを開きtar.gz展開時のログ出力先を変更する[編集 | ソースを編集]

  • 変更前: tar -zx
  • 変更後: tar -zx -f -

compile.shを開きtar.bz2展開時のログ出力先を変更する[編集 | ソースを編集]

  • tar -jx
  • tar -jx -f -

compile.shとstart.shのbashパスを変更する[編集 | ソースを編集]

  • 変更前: /bin/bash
  • 変更後: /usr/local/bin/bash

スクリプトを変更せず、bashのシンボリックリンクを用意してもいい。

gmakeを明示する[編集 | ソースを編集]

FreeBSDの「makeコマンド」はbsdmakeでありLinuxで一般的なgmakeとは完全なる別物。

  • 変更前: make
  • 変更後: gmake

置換時は前後にスペース(「 make 」)を入れること(Makefileなんかも置換されちゃうよ)。

comple.shを実行する[編集 | ソースを編集]

./comple.sh

これが正常に終了すると、専用PHPなどを含め、ビルドは終了となる。

start.shを実行する[編集 | ソースを編集]

./start.sh

おわり