PocketMine-MPでMinecraftサーバーを建てる

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

WindowsLinuxの情報は豊富にあるのでググれ

FreeBSD[編集 | ソースを編集]

FreeBSDでの構築ログ。WindowsLinuxの情報は豊富にあるのでググれ

ビルドに必要なパッケージを入れる[編集 | ソースを編集]

  • bash
  • gmake
  • automake
  • autoconf
  • libtools
  • gcc

実行に必要なPHPなどは不要。これ以降に記載するPocketMine-MPビルドスクリプトの中でPMMP特化型のチューニングを行った専用PHPがローカルに自動生成される。

PocketMine-MPをダウンロードする[編集 | ソースを編集]

(以下のどちらか)

本来はLinuxであれば上記コマンドでダウンロードからビルドまでの一連の流れが全自動で実行され正常に終了する。一方でFreeBSDではスクリプト関連のダウンロードが終わった時点でエラーで止まるので、以下の修正を施しながら手作業でビルドコマンドを叩いていくことになる。

compile.shを開きtar.gz展開時のログ出力先を変更する[編集 | ソースを編集]

  • 変更前: tar -zx
  • 変更後: tar -zx -f -

compile.shを開きtar.bz2展開時のログ出力先を変更する[編集 | ソースを編集]

  • tar -jx
  • tar -jx -f -

compile.shとstart.shのbashパスを変更する[編集 | ソースを編集]

  • 変更前: /bin/bash
  • 変更後: /usr/local/bin/bash

スクリプトを変更せず、/binディレクトリにbashのシンボリックリンクを用意してもいい。

gmakeを明示する[編集 | ソースを編集]

FreeBSDの「makeコマンド」はbsdmakeであり、Linuxで一般的なgmakeとは完全なる別物なので注意しよう。

  • 変更前: make
  • 変更後: gmake

置換時は前後にスペース(「 make 」)を入れること(Makefileなんかも置換されちゃうよ)。

comple.shを実行する[編集 | ソースを編集]

./comple.sh

これが正常に終了すると、専用PHPなどを含め、ビルドは完了となる。

start.shを実行する[編集 | ソースを編集]

./start.sh

おわり