Snapdragon S1

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Snapdragon S1とは、2007年にクアルコムが発表したSoCである。

当初はARM11そのものであったが、2008年に独自のARM互換CPU「Scorpion」とAMDGPUAdreno 200」を内蔵したものになった。

主にWindows Mobile末期からAndroid初期のスマートフォンに採用された。

QSD8250[編集 | ソースを編集]

大雑把にいえば「ドコモの電波」に対応したものである。T-01Cなどに採用された。

QSD8650[編集 | ソースを編集]

モデム部分が強化されCDMA2000などに対応したものであり、大雑把にいえば「auの電波」に対応したものである。CPUGPUはQSD8250と同じ。IS04などに採用された。