VRM (Voltage Regulator Module)

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

VRM (Voltage Regulator Module)とは、パソコンマザーボードに搭載されている電源安定化回路である。

概要[編集 | ソースを編集]

CPUは負荷状態により消費電力が激変するが、VRMは常に「一定の電圧」を供給することでCPUの安定動作を補助する役目をしている。

VRMはPentium Proから導入された回路であり、この時代あたりからCPUメモリチップセットなどは1.5Vや1.3Vといった低電圧で動作するものが一般的になった。これらのためにAT電源ATX電源から供給される3.3Vや5V、12Vを1.5V以下に変換する機能を担う。CPUが必要とする電圧は「1.5V以下(1.5Vであったり1.3Vであったり)」と製品ごとに微妙に異なり、非常に曖昧であるが、そのたびに電源自体の規格を変えると相当めんどくさいので外部装置にしたとされている。

最近では発熱が結構すごいため巨大なヒートシンクが取り付けられていることも多い。

関連項目[編集 | ソースを編集]