垂直同期

提供: MonoBook
VSYNCから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

垂直同期(英語:Vertical Sync, 通称:V-SYNC)とは、ディスプレイ垂直帰線期間(Vブランク)とGPUスワップチェーンの切り替え処理を同期させることをいう。

利点[編集 | ソースを編集]

ディスプレイ垂直帰線期間(描画停止している期間)にスワップチェーンの切り替えを行うことで「ディスプレイが描画中にGPUが描画内容を更新してしまう」というティアリングと呼ばれる現象がなくなり、結果として画面のチラツキをなくすことができる。

また、垂直同期が有効な場合はディスプレイの性能を超えてレンダリングする必要がなくなるという利点もある。ディスプレイの限界が60FPSなのに、GPUが120FPSで描画しても半分は表示されずに破棄され無駄であるのは言うまでもない。

欠点[編集 | ソースを編集]

GPUフレームレートディスプレイリフレッシュレートを下回る場合は、画面の更新が一時停止したり、画面が真っ暗になったりするスタッタリングという現象が発生する。

応用[編集 | ソースを編集]

利点と欠点この問題を解決すべく、GPUフレームレートディスプレイリフレッシュレートを「超えてる」「超えてない」を判別し、動的に垂直同期をオンオフする「Adaptive VSync」なる技術も登場している。

また、ディスプレイが一定間隔で垂直帰線期間を自動実行するのではなく、GPUからディスプレイに「垂直帰線期間依頼」を発行する「G-SYNC」や「FreeSync」という技術も登場している。

関連項目[編集 | ソースを編集]