Wi-Fi 6E

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wi-Fi 6E(わいふぁいろくいー)とは、WiFi 6を拡張したもので、従来の「2.4GHz帯」および「5GHz帯」に加え、新たに「6GHz帯」に対応したもの。

6GHz帯は、通信距離は短く、壁などは突破しにくいが、その代わり高速通信ができる。主にWiFi 6E対応のWiFiルーターを設置している部屋で高い効果を発揮する。

また、新規の周波数帯なので同規格のWiFiルーターが普及しまくるまでは混線を避けられると思われる。

なお、WiFi 6Eに対応したルーターのカタログには「4800Mbpsで通信できる」としているが、そんな速度のインターネット回線は「NURO 光 10G」くらいしかなく、4K動画どころか8K動画でもそんな帯域は不要であり、WinnyPerfectDarkも根絶された今となっては何に使えばいいのか謎である。

 対応状況[編集 | ソースを編集]

WiFI 6E自体は2020年に発表されたものであり、海外では同時期に発売したハイエンドルータースマホGoogle Pixel 6以降やGalaxy S21 UltraGalaxy S22など)はほぼWiFI 6Eに対応している。

一方、日本では電波法の関係で2022年7月ごろから製品が出回ってくると思われる。