ピクセル

提供: MonoBook
移動: 案内検索

ピクセル英語:pixel)とは、コンピューターグラフィックスにおける2Dモデルの表現手法のひとつで、2次元のひとつの点のことである。

3次元の点の集まりは「ボクセル」と呼ばれ区別される。

概要[編集]

パソコンスマートフォン、テレビなどで扱う点である。

一般的な液晶ディスプレイテレビでは最終的にピクセルとしてデータを受け取り表示している。たとえばTrueTypeフォントなどはコンピューター内部ではベクトルであるが、液晶ディスプレイなどに送る直前にピクセルの集まりに変換されて出力されている。

ピクセルを集めて2次元の画像としたものはビットマップと呼ばれる。ただし単にビットマップという場合はWindowsが圧倒的に普及したことでマイクロソフト独自の画像フォーマットのひとつであるWindows Bitmapファイル拡張子bmp)を指していることがほとんどである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]