上級国民

提供: MonoBook
移動: 案内検索

上級国民(じょうきゅうこくみん)とは、一般国民と対をなす、日本国民の身分を表す概念のひとつである。

この項目はWikipediaから削除された項目を保護し、かつ加筆したものである。

概要[編集]

現在の日本国内において法律で規定された明確な身分制度は存在しない。それは、日本国憲法第14条に法の下の平等と貴族の禁止が規定されているからである。しかしながら実際の日本社会においては、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において様々な格差が存在し、特権的に国民の権利を享受し、また特権的に国民の義務を果たさない国民が存在する。そのような国民及びその母集団を、通常の権利を享受し、義務を果たす大多数の国民及びその母集団と区別したものが上級国民という概念である。

これまでも、上流家庭や上位層など、国民の中で比較的裕福であり、社会的な立場が上位に属する国民及び集団を呼称する言葉は存在していた。しかしながらそれらの区別は相対的なものであり、また法的に国民の権利や義務を負うことに関しては明確な区別は存在していなかった。

上級国民という概念では、法的に平等であるはずの権利や義務が特権的に享受されるため、先述した言葉とは区別される。つまり上級国民という概念は、専ら自らの努力により獲得した社会的な身分などではなく、他者の力によって得た身分であり、その概念は親の七光りといったものなどと近い。

日本国憲法の下では、皇室を除きすべての国民は法の下に平等であると規定されており、一般に明確な身分制度は存在していない。そのためこの概念は明文化されたものではなく、法的に特権が認められた国民及びその母集団が存在することは、日本国憲法及びそれに準ずる日本の法律によって許されてはいない。

主な上級国民の優遇事例[編集]

嫌がらせなどに対する警察の対応[編集]

上級国民の事例を見てみよう。これは福島第一原子力発電所が爆発した直後の東京電力の勝俣恒久会長様の自宅である。即座に臨時交番まで設置されている。

次に一般国民の事例を見てみよう。これはなんJを中心としたハセカラ民と呼ばれる者達による三年をも超える特定個人への嫌がらせ行為、集団ストーカー事件で、人間ラジコンにより撮影された写真である。この事件では30人を超える人間ラジコンの集団発生でやっとパトカー1台が派遣されてきたと言われる[1]

○○○接待で○○○パーティーしても捜査されない逮捕されない上級国民[編集]

ドリルでHDD破壊して隠蔽工作しても起訴されない上級国民[編集]

粉飾決算しても逮捕されない上級国民[編集]

東芝の元役員、元社長

関連項目[編集]

日本社会の階層化
代表的な上級国民
その他

参考文献[編集]

  1. http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1441491793/ 【悲報】なんJ民が長谷川家に出会厨30人以上送り込む→ 警察沙汰に→ 上級国民批判者一斉摘発へ ★5