Happy Hacking Keyboard

提供: MonoBook
移動: 案内検索

Happy Hacking Keyboard(通称:HHKBまたはHHK)とは、非常に使いやすいキーボードであり、IT土方プログラマの必須アイテムである。

概要[編集]

富士通メインフレームに関わる人々が、日々発生するのトラブルでサーバールームを走り回る際に、持ち運びに便利な小型のキーボードを求め作り上げたものだと言われている。

元々がメインフレームおよびSolarisを搭載したサーバー向けなのでLinuxMacとの相性はバッチリである。

一方でWindowsとの相性は非常に悪く、特にWindowsで日本語の入力を扱うには難点が多い。

基本的にプログラマーシステム管理者ドクターペッパーを片手に徹夜で涎を垂らしながら英語ベースのコマンド等を入力するためのものであり、文豪がクールに日本語を打つためのものではない。そういう用途にはRealforceの方が向いているであろう。

富士通グループ[編集]

HHKBは富士通グループの象徴である。このため富士通系の過酷な案件デスマーチを乗り越えた者にIT土方英雄の称号として配給されることもある。なお、配給されるキーボードは同グループ製の中から選べることが多く、職種によっては仕様書の書きやすさ、日本語の打ちやすさからLibertouch親指シフトキーボードを選ぶ者が多いのも事実である。ちなみに近年では定年退職まで生き残った者に対してはGRANNOTEが授与されている。

主な製品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]