MC6805

提供: MonoBook
移動: 案内検索

MC6805とは、旧モトローラの半導体部門(現フリースケール・セミコンダクタ)が開発したマイクロプロセッサである。

概要[編集]

MC6805は、1974年に発売し今なお改良品が出続けているほどの大ヒットCPUMC6800(通称「6800」)」を限界まで簡素化したものに、ROMRAMなどを一体化させた俗に言うワンチップマイコンである。

MC6805は8ビットどころか一部のレジスタは5ビットに削減されており、組込向けにどこまで小さくできるかという限界に挑戦した一品である。2013年現在では米粒のように小さく、かつ紙のように薄く小型化しており、超小型ゆえにARMAtomなど勝負にならないくらい超低消費電力で動作する。 これらの理由によりB-CASカードなどのICカード内蔵されるかたちで密かに搭載されている。

レジスタ[編集]

名称 機能 備考
A アキュムレーター 8ビット
X インデクスレジスター 8ビット
SP スタックポインター 5ビット 物理的には11ビットあるが上位6ビット使用不可
PC プログラムカウンター 11ビット RAM容量によっては増強されているカスタム品もある。
CCR コンディションコードレジスターフラグレジスター 5ビット

型番の数字はMC6800MC6801よりも大きいが、MC6805のCPU部分はレジスタが大幅に簡素化されている。MC6800に搭載されていたアキュームレーター「B」が無くなり「A」が1つになっていたり、残っているレジスタもビット数が削減されていたりする。

ニーモニック[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]