アセンブリ言語

提供: MonoBook
移動: 案内検索

アセンブリ言語(読み:アセンブリげんご、英語:assembly language)とは、ソースコードに記述された命令(オペコード)と、コンピューターが唯一理解できる言葉である機械語の命令とが、ほぼ1対1となっている低水準のプログラミング言語の総称である。

あくまで「ほぼ1対1」であり、完全に1対1ではないマクロアセンブラなどのアセンブリ言語も存在する。マクロアセンブラの代表的な例としてはマイクロソフトMASMなどがある。

アセンブリ言語で書かれたソースコード機械語に翻訳するソフトウェアアセンブラという。また、アセンブラを用いずにニーモニックと呼ばれる命令一覧表を見ながら人間が手作業で機械語に翻訳する作業をハンドアセンブルという。

さらにアセンブリ言語すら用いず、いきなり機械語プログラムを書く変人達人プログラマーのことを人間アセンブラという。

関連項目[編集]

参考文献[編集]