OS X 10.9 Mavericks

提供: MonoBook
移動: 案内検索

OS X 10.9 Mavericks(読み:おーえす・てん・まーべりっくす)とは、Mac OS Xと呼ばれるMac用のOSのひとつであり、いわゆる邪悪なBSDの一種である。 内部的なバージョンは10.9である。

概要[編集]

2013年10月22日のイベントで発表され、即座に配布開始した。

価格は無料になった。 最近のMac OS Xは2000円から3000円程度という低価格で販売されていたのでマカーの間では大してインパクトはなかったようだが、WindowsLinux界隈には激震が走ったと言われている。Linusも「影響はない」などとわざわざコメントしている[1]

意味[編集]

Mavericksとは「他人と異なる考え[行動]をとる人; 一匹狼(おおかみ), 異端児.」という意味であるとMac OS X標準の辞書機能が言っている。

これをもってネコ科が終了した。実のところMountain Lion (10.8)はPuma (10.1)の別名なくらいネタ切れだったようだ。

英語の意味としてはテキサス州の開拓を指揮したサミュエル・マーベリック[2]という人物の「我が道を行く」行動から作られた近代的な英単語だという。 ちなみにマーベックという名前は現在でもテキサスの地名として残っている[3]

主な変更点[編集]

AirPlayミラーリング[編集]

AirPlayミラーリングMountain Lionでも利用できたが1番目のディスプレイのミラーリング表示しかできなかったが、Mavericksからはミラーリングしたいディスプレイの選択ができるようになった。

また、ミラーリングではなく外部ディスプレイの1つとして使う事もできるようになった。

WiFiだと若干カクカクするがマジオススメな機能である。

カレンダー[編集]

フラットデザイン風になってアホみたいに見づらくなった。しかも色がアホみたいに薄いので時刻がまったく読み取れない。生粋のマカーにはわからないだろうがVisual Studio 2008からVisual Studio 2010へ変わった時とまるで同じ配色である。境目が見えない。EIZOのMX215というディスプレイを使うと改善したが馬鹿げた話である。

機能面では従来は月単位のページ切り替えだったものが、スクロールで境目なしになった。月をまたいだ予定が見やすくなった。

メモ[編集]

こちらもフラットデザインとなり、経線が消えノート風から和紙のようなデザインになった。 なんの嫌がらせだ。

マップ[編集]

新規追加。 パチンコガンダム駅で有名なiOSのマップがMac OS Xからも利用できるようになった。なお「パソコンで専用アプリ開いてマップ見る奴なんているのか」などという疑念を抱いてはいけない。

iBooks[編集]

新規追加。 iOSの同名アプリがMac OS Xから利用できるようになった。 操作性は大差ない。

自作のPDFファイルやePubファイルもぶち込めるのが特徴的であり、いわゆる自炊した書籍も一括管理できる。どちらかと言うとiBooksで出版したい人向けのシミュレーターという風合いかもしれない。

Safari[編集]

公式にサイドバーが搭載され伝説のクソブラウザIE6みたいになった。 サポート期限切れ目前のWindows XPからの移行組もこれのおかげで一安心だ。 デザインがオシャレなのでまるで新しく見えマカーも嬉しい。

Finder[編集]

カラーリングがサイドバーに表示されるようになった。 以前の右クリックで表示されるコンテキストメニューによる方法も残っている。

また、タブ機能がついた。 右クリックで表示されるコンテキストメニューに「タブで開く」という項目から利用できる。

関連OS[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]