オンボードGPU

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

オンボードGPU(通称:オンボ)とは、マザーボードにハンダ付けされているGPUのことである。

ただ歴史的に「ビデオカードに搭載されたGPU以外全般」を指すことが多い。

パソコン初期のころはビデオカードを増設するという文化はあまりなくオンボードGPUが普通であった。とくに日本のPCゲームはオンボードGPUが大前提のものしかなかった。

Windows 3.1が普及しだしたころから「256色以上を表示できるビデオカード」なるものが出回り始めた。カノープスの「Power Window」シリーズなんかが有名だな。

Windows 95の時代になると「GPU」が大流行する。NVIDIANV1ATIMach 64S3Trio64VideoLogicPowerVR PCX1NumberNineImagine128などが次々と発売された。猫も杓子もビデオカードを搭載。この流れの中で「オンボードGPUって使わないじゃん」とマザーボードのコスト削減のためGPUを搭載しないものが増えだした。

このような風潮の中で「社畜PCビデオカードは高コストすぎる」という問題が発生した。そうした中、MediaGXが「CPUGPUを内蔵」してきた。インテルチップセットGPUを搭載してきた。そうこうしてオンボードGPUは復活した。

ただ消費電力の関係で性能は抑えられ気味である。