ユタティーポット

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

ユタ・ティーポット英語:utah teapot)とは、 1975年にユタ大学のマーティン・ ニューウェルにより作成された3Dモデルである。

マーティン・ニューウェルがデータを広く公開したことで、他のCG研究者たちの間でたちまちこのモデルが使われるようになった。

3DCGを学ぶ際のハロワである。 GLUTにはglutSolidTeapot()というお手軽関数まで用意されている。

スケッチに使われた実物のティーポットはコンピュータ歴史博物館に米国の国宝として展示されている。

アイバン・サザランドの研究室の予算を申請・確保するために作成したものであり、同じ研究室にいたジム・ブリンによると諸般の事情で実物のティーポットよりも若干高さが低くデザインされているらしい。

関連項目[編集 | ソースを編集]