固定シェーダー

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

固定シェーダーとは、ゲームフレームワークゲームエンジンなどに標準搭載されている固定機能のシェーダーのことである。

各種ライブラリ内部でソフトウェア実装されたものではなく、GPUにハードウェア実装されたものは「ハードウェアT&L」などと呼ばれた。昨今はどちらも「固定シェーダー」と呼ぶことが多い。

対義語は「プログラマブルシェーダー(環境によってはカスタムエフェクトなどとも呼ばれる)」。

概要[編集 | ソースを編集]

素人にプログラマブルシェーダーなど書けるわけもなく、そんなものを書いている時間があるなら、まずゲームの本編を作ろう。そもそも定番の描画処理はわざわざプログラマブルシェーダーを持ち出すまでもない。

という理由でゲームエンジンの開発者でもないかぎり低レベルAPIに手を出すこともなくなり、DirectXMetalVulkanに関する書籍は壊滅した。

MonoGameでいえば「BasicEffectクラス」などが固定シェーダーに相当する。内部的にはプログラマブルシェーダーである。


関連項目[編集 | ソースを編集]