E1.L

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

E1.L(通称:ruler)とは、インテルが提唱するサーバー向けSSDに特化したフォームファクター(寸法規格)である。

  • 高さ:38.6mm(ちょうど1Uに納まる)
  • 幅:12.5mm(うすい!)
  • 長さ:325.25mm(ながい!)

パソコン向けのM.2サーバー向けのU.2の兄弟規格である。インターフェースはSFF-TA-1002/1Cとなっており、プロトコルはNVMe 1.2となっている。

ラックマウントサーバーHDDを大量に搭載されているように見えても実際のところ前方の10cmくらいしか使っていない。後ろ側はスカスカである。すごくもったいない。HDDは円形であり長くできないが、SSDなら長くしても問題ない。ならば長くしよう。という代物である。

関連項目[編集 | ソースを編集]