eMMC

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

eMMC(語源:embedded Multi Media Card)とは、大雑把にいえばSDカードマザーボードに直接ハンダ付けしたものである。

概要[編集 | ソースを編集]

ハードウェア的にはSDカードの前身規格であるマルチメディアカード(MMC)の半導体メモリの「足(端子)」の規格を流用し、 ソフトウェア的にはSDカードのプロトコルを流用したものである。

このため「SDカードを標準サポートしているOS」であれば即座に利用できるという特徴がある。

主に安物のスマホに搭載されている。 クソほど遅い。

規格[編集 | ソースを編集]

eMMC versions
Sequential Read

(MB/s)

Sequential Write

(MB/s)

Random Read

(IO/s)

Random Write

(IO/s)

Clock Frequency

(Mhz)

Used in
eMMC 4.3
eMMC 4.4
eMMC 4.41 52[1]
eMMC 4.5 140[2] 50 7000 2000 200 Snapdragon 800
eMMC 5.0 250 90 7000 13000 Snapdragon 801
eMMC 5.1 250 125 11000 13000 Snapdragon 820

最新仕様では素人をカタログスペックで騙すべく「理論上の転送速度」だけは高速化している。 なお、IOPSは絶望的に低く、また実際に使われるチップ自体が遅いので、実測はクソほど遅いものしかみたいことがない。

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • Linaro (2014-03-20). Q4.11: Introduction to eMMC. https://www.slideshare.net/linaroorg/intro-to-emmc. 
  • eMMC to UFS: How NAND Memory for Mobile Products Is Evolving” (en).テンプレート:Cite web/errorテンプレート:Citation/showdateError