MONO MO-01J

提供: MonoBook
移動先: 案内検索

MONO MO-01Jとは、ZTEが開発し、2017年にドコモが発売したスマートフォンである。

概要[編集 | ソースを編集]

一括0円どころか実質0円すら壊滅した御時世に「一括648円」で登場して話題になったスマホである。MO-01JはMNPに限らずドコモ利用者がこの機種に機種変更しても「一括648円」となる。MO-01Jはドコモ利用者が格安SIMに流れるのを抑制するために登場させたモデルといわれている。

スペック[編集 | ソースを編集]

OS Android 6.0
SoC Snapdragon 617
RAM 2GB
ストレージ 16GB
ディスプレイ 4.7インチ、720x1280
メインカメラ 2440mAh
防水 あり
防塵 あり
VoLTE  あり

付属の充電器は富士通製の「[email protected]」と本体価格や本体性能に見合わない大容量なものとなっている。充電器だけでも648円以上の価値がある。

マナーモードの切り替えは本体の左側面にハードウェアスイッチとなっている。

なお、タッチパネルの性能はドコモ史上最低だと思われる。

ベンチマーク[編集 | ソースを編集]

Antutu[編集 | ソースを編集]

  • 42806 (バッテリ残量40%、充電器接続)
  • 45369 (バッテリ残量100%、充電器接続)

総評[編集 | ソースを編集]

なんとベンチマークではARROWS NX F-04GSnapdragon 810より遥かに高性能という結果になった。実際の使用感も圧倒的にサクサク動いている。バッテリが低下している状態で急激に省エネモードに入るような挙動もない。

一方でCPUの演算性能は遥か古代の中華スマホであるGL07SHiSilicon K3V2 (1.5GHz, Quad-Core)と比べてもザックリ半分くらいしかない。クソ遅いCPUを、そこそこ性能なGPUで盛ってる感じの結果となっている。

リカバリモード[編集 | ソースを編集]

Androidでは工場出荷状態に戻したいことも多々ある。

MO-01Jでリカバリモードに入るには音量アップボタンを押しながら電源をいれる。電源が入ったあとも音量アップボタンは押しっぱなし、電源ボタンは離す。ZTEスマホはだいたいこれ。