Real3D

提供: MonoBook
ナビゲーションに移動 検索に移動

Real3D Inc.とは、アーケードゲーム基板およびグラフィックボードを開発していた企業である。

もともとはロッキード・マーティンの一部門であったが1995年にスピンオフしReal3Dという独立した企業となった。

ロッキード・マーティン時代から主にセガアーケード基板を設計・製造していた。マーティン時代の「SEGA MODEL 1」や、Real3D社になってからの「SEGA MODEL 2」や「SEGA MODEL 3」は非常に有名である。

そのセガ絡みの評判からか、1999年にReal3Dはインテルが買収し同社のGPU設計部門とした。インテルになってからの第一作目である「Intel 740」はあまりの凄さに世界を震撼させた。この買収に際してインテルは大規模なリストラを実施した。そして切られた社員のほとんどはATIが雇用した。残った人間がクソみたいなIntel HD Graphicsを作り、切られた人間が後に世界を二分するRadeonを作ったのであった。何から何まで判断ミスである。

関連項目[編集 | ソースを編集]